Menu
HOME>オススメ情報>経験豊富なら口内全体まで配慮してくれて安心
治療器具歯科

自由診療だからこそ適正価格と評判が重要

インプラントはまるで自分の歯のように使えるので、機能性と見た目の両方で人気の治療法です。とは言っても歯の骨部分まで影響する治療法ですから、慎重に歯科医を選びたいものです。足立区にもインプラントを扱っている歯科は増えていますし、お互い切磋琢磨でレベルも高いです。一般的な治療とは異なり、自由診療になるのがインプラントです。取り決めがないので費用も歯科で自由に設定されていますから、技術や立地、ケアの範囲や使っている材料によっても変わってきます。高いから質も良いとは限りませんので、ある程度相場を知っておくと判断材料になります。インプラント1本で20万円から50万円と幅広く、歯の部分だけではなく歯茎や歯の骨の状態によっては、その部分の改善から入るので値段に開きが出ます。

第一回目の手術

インプラントは外科手術ですから、治療を1回目から始めることはできません。足立区の歯科でも多くはカウンセリングや診察から入り、治療方針を決めてから手術に移ります。手術は2回が主流で第一回目はインプラントの土台を骨部分に入れ込む工程です。そのためには歯茎を切って縫合しますので、麻酔をかけます。当日は体調を整えることが重要で、あとはリラックスして受けるだけで大丈夫です。治療時間は本数や歯の場所などによっても変わってきます。

定着したら2回目の手術

1回目の手術から半年程度経つと、埋め込んだインプラントが骨や歯茎に定着して一体化してきます。次にインプラントの上に取り付ける偽歯を作ったりして取り付けます。ここがしっかりと固定されないと、途中で取れしまう可能性がでてきます。そのため、技術力と判断力が必要です。この時にもメスで切る場合もあります。また、歯の部分ですからかみ合わせなどの機能性も重視しなくてはなりません。多くの経験が必要になる繊細な工程なので、足立区でもじっくりと取り組んでくれる歯科だと確認しつつ細かく調節する余裕も持てます。